パニック障害は死ぬほどつらい!でもおかげでスリムになれた? 女性 45歳 M.T.さん

パニック障害と言う病名は、テレビなどで何度か聞いた事がありました。精神的に強くポジティブ人間の私には、関係の無い事だと思いました。

しかし40代になった時、体の異変に気が付いたのです。

心療内科へ行き先生から告げられた病名は、パニック障害でした。まさか自分が精神病を煩うとは思ってもいなかったのでショックでしたが、病名が分かったのでホッとしました。

体内にカフェインが入ると症状が酷くなります

パニック障害にカフェインは、正直良くありません。私はコーヒーが大好きなので、パニック障害になる以前は毎日飲んでいました。更に夕食後のデザートには、板チョコを毎日2枚も食べていたのです。

チョコレートを食べても症状は殆ど出ませんが、コーヒーは飲んで10分位すると気分が悪くなり酷いめまいに襲われます。風邪薬を飲んだ後にも、同じ症状が出ます。

それ以外だと睡眠不足で体が疲れている時、生理の前、気温が高い日、銀行やレジなどで待たされたりすると出やすくなりすね。

このまま死んでしまうのではないかと思うくらい酷い症状です

初期症状の時は、めまいやふらつき激しい動悸位で済みましたが、ピーク時は最悪です。これらの症状にプラスして、過呼吸の症状も出ます。

呼吸が出来なくなり、このまま死んでしまうのではないかと言う不安感に襲われました。更にふくらはぎがつり、喉がカラカラに渇き、指先がビリビリに痺れます。

血圧も普段の数値より40位上昇します。全身から血の気が引き、蟻地獄に引きずり込まれそうな気持ちになりました。外出して人が視界に入っただけで、パニック障害の症状が起こりそうになるので、部屋から一歩も出られませんでした。

睡眠、食事、運動、腹式呼吸でかなり良くなりました

パニック障害になってしまうのには、何か原因があります。私の場合は人間関係のストレスが多く、毎日イライラの連続でした。食事は自分の好きな炭水化物中心のメニューになってしまうので、バランスが悪いです。

一日の睡眠時間も短く、常に疲労感がありました。それと一番の原因は、やはりカフェインの取り過ぎだと思います。本気でパニック障害を治したいと思ったので、カフェインが入った飲み物は止めました。

たっぷりの睡眠、バランスの取れた食事、適度な運動を心掛けました。それと腹式呼吸は、かなり効果があります。パニック障害になったおかげで健康的な生活が出来るようになったので、逆に良かったです。

バランスの取れた食生活のおかげで体重もすっと減り、理想の体型に近づいてきました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ