もしかしてパニック障害?急な発作症状の対処法は

急に胸が苦しくなってしまう、動悸が激しくなって震えを感じるといった症状に悩まされることはないでしょうか。

これらは、パニック障害の主な症状です。年々、増加傾向にあるパニック障害という病気について詳しく調べてみました。

パニック障害とは?

予期せずに急激な震えや発汗、呼吸の乱れ、めまい、恐怖感などがパニック障害の症状で、10分~15分ほど続きます。

発作が起きた本人にとって、苦痛以外の何者でもありません。時には、死への恐怖感すら味わい、いつ来るかわからない発作への精神的な苦痛から、電車に乗れなくなる、または外出できなくなるなどの生活にも支障をきたしてしまいます。

原因としては、大きな精神的ストレスなどの心理的要因が挙げられます。

例えば、災害などで大きな被害に遭い、精神的なショックを受けた、信頼していた人にひどく裏切られた、愛する人を失って大きなショックを受けたなどの重大な事件がきっかけで、パニック障害を発症してしまいます。

パニック障害の対処法は?

パニック障害を対処する上で、とても大切なことは、こんな病気があるということを認識することです。病気の症状として頭がフラフラする、胸が痛いなどがあることから頭痛や心臓病、呼吸器系の病気を疑うことでしょう。

しかし、臓器に異常はないのですから、血液検査やレントゲンを受けても何の異常も見られないことです。ですが、本人はとても苦しく、治療に対して悩むことになってしまいます。そんな時は、ぜひ、パニック障害かもしれないという認識を持ってください。

病院の検査でもなかなか発見されない病気でもあります。「もしかして」、と自分で認識したら一度、精神科を訪れてはどうでしょうか。

パニック障害の治療法は?

主な治療方法には、薬物療法と心理的療法があります。抗うつ薬と抗不安薬があります。薬を服用することで、発作が起こらないように予防することが可能です。

治ってきたと感じても一定期間、薬を飲み続けることが大切です。薬を飲まないで大丈夫だろうと自己判断せずに、医師の指導の下で治すことが大事です。

また、心理的療法には体をリラックスさせる自律訓練法や自分に不安の要素を言い聞かせて治す認知療法などがあります。恐怖感を薄めて、少しずつ慣らし、できたという成功体験を重ねて治療へと繋げて行きます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ