パニック障害の対処法!連鎖を断ち切るたった2つの方法は?

パニック障害とは、突然の発作やめまい、呼吸困難などの症状に襲われる病気です。発作は10分程度から、長ければ1時間ほど続きます。

突然の発作に驚いて、本人が病院を受診しても症状が治まった頃では、体の異常はなくどこが悪いのか検討がつかないなど、判断がなかなかつきにくい病気です。

では、パニック障害とはどんな症状があるのでしょうか?

パニック障害の原因は?

パニック障害が発症する詳しい原因は、まだ解明されていません。ですが、脳内の過活動や過敏反応が原因として推測されています。

ノルアドレナリンと言う不安感や恐怖に関係している物質と、セロトニンと言う興奮を抑える物質の脳の中での働きが原因だと言われています。

また、パニック障害を発症する人は心理的なストレスを抱えているケースが多く、過去に何か心に大きな負担になる出来事があったことも原因の一つと考えられています。

パニック障害の症状は?

突然に発作や息切れ、めまい、激しい動悸などの症状が現れます。通常の生活をしている時に、突然、予兆なく現れるので、もしかしたら次もなるのではないかという不安に襲われるようになります。この状態を予期不安と呼び、パニック障害の主な症状です。

また、「発作が起きて大勢の人に見られたらどうしよう」と更に不安になることを広場恐怖と言い、外出を避けるようになります。このことは、更にうつを発症させる原因ともなります。パニック障害の患者さんの半数がうつ症状を発症しています。

パニック発作が出る、また次も出るかもしれない、人前には出られない、外出できずに閉じこもるようになる、という具合に連鎖反応が起こってしまいます。

連鎖を断ち切るたった2つの対処法

パニック障害かもしれないと感じたら、早めに心療内科、精神科での受診をしましょう。病院では薬物による改善と心理的な改善方法があります。

病院では、抗うつ薬と抗不安薬が処方されます。脳の中のセロトニンを増加させる効果がある薬やパニック発作を予防する効果があります。

また、心理療法も行われています。自分の深く考えてしまうクセを治して正しい方へと導く認知療法や成功体験を重ねて改善していく方法があります。病状が治ったり、戻ったりして少しずつ改善の方向へと進みます。焦らずに、リラックスした気持ちで治療していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ