パニック障害で電車が辛い!「安全環境作り」のための4つの対策は?

苦痛を伴う電車移動。本来なら避けたいところですが、通勤通学など交通手段が選べないケースも多く、どうしても心に負担がかかってしまいます。

日常的に乗らなければいけないと意識してしまうと、余計にストレスになってしまいますが、意識を他に集中させてしまうことで、負担が減らせる可能性もあるのです。

対策1:音楽を聴く・耳栓をする

外の音をシャットアウトしてしまいます。電車は密度が高く、身の回りの会話もよく聞こえてしまいます。声が大きいものでなかったにしろ、神経が過敏になってしまっている時は、会話の内容や些細な音が気になってしまいがちです。

がやがやとした音を耳にしないというだけで、ストレスは軽減します。好きなアーティストの音楽を流してリラックスするか、耳栓で無音状態を作り出します。そうなれば、他の何も関与することのない自分だけの環境作りができます。

対策2:マスクをする

狭い車内は密集率も高く、何気ない人の表情も読み取れてしまいます。それとない視線が気になってしまうこともしばしば。

車内でも皆が皆、目線を違うところに向けているので、自分の視線の行き場にも困ってしまいます。目線がかち合ってしまったりすると、意味もなく気まずくなってしまったり。

けれど、マスクをすることで、自分の表情も隠してしまいます。相手の視線を遮ってしまうことで、安心することができます。周りの人の表情が見えていたとしても、こちらからは感情などを表情から読み取ることができません。

対策3:自分が夢中になれるものを手元に置く

本や携帯ゲーム機、お気に入りのアイテムで、現在置かれている自分の環境から外に目を向けてしまいます。現実逃避に近いものです。

夢中になってしまえば、身の回りが気になってしまい、過敏に反応することはありません。
自分の好みで、じっと見ていられるものを持ち歩きます。

もし持ち合わせがないのなら、簡単なアプリ・ゲームを適当にインストールしてみるのも良い手です。手軽で、自分の視線と集中が一点から外れにくいアイテムが最適です。

対策4:安全な場所に居ると思い込む

自分の居る場所は、安全だと思うことです。気持ちを楽に、肩の力を抜くことができたら、それ以上はありません。電車内での考え事は、あまりしないように心がけます。

あれこれと考えてしまうと、不安が増殖してしまいがちです。ただでさえ、ストレスのかかる車内です。少しでも自分の意識を変えて軽減してあげます。

考えることを放棄して、安全を自分に言い聞かせることで、安心感が生まれます。居心地が良いと思えるようになれば、電車もストレスが激減します。

最後に

安心できる自分だけの環境を作ることで、電車でのストレスも軽減することができるのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ