本当に恐い?パニック障害の症状とそのケアの方法!

パニック障害とは、現代人に起こり安い心の病で、鬱に近いです。

最初はその症状が出てから不安で病院にいってもなかなか原因がわからずモヤモヤすることもあり、場合によっては、仕事にも支障をきたす病です。

今回はそのパニック障害の症状とケアの方法について書いていきます。

体全体にでる?恐ろしいパニック障害の症状とは!

パニック障害とはストレスやプレッシャーなど心に大きな負担を感じたときに、発症します。

具体的な症状は、満員電車や普段一人で歩いているときなど、何かしらの不安要素のあるときに心臓の動悸が著しく早くなったり、手が震えたり、激しい倦怠感や不安感、吐き気や喉のつまりを感じることがあり、人によっては暴飲暴食になったり、食欲不振になったりその症状は様々です。

体全体にここまで症状がでることは恐らくパニック障害という名前が以前より知れてきた今でも、あまり知られていないことかもしれません。

医者も判別できない?パニック障害は脅威の病!

パニック障害の症状は本当に人により様々ですが、共通して起こるのは動悸です。鼓動が凄く早くなったり、大きくなったり感じて不安感を覚えます。

しかもこの症状は慢性化して発作は度々起こります。動悸が早くなる病気はやはり心臓病を思い浮かべて、インターネットなどで検索すると「死」と言う言葉がどこをみても書いてあります。

それで余計に発作を酷くさせる悪循環になってしまうのですが、病院でも精神科で無い限り何回行っても症状がハッキリしません。ハッキリしないことのモヤモヤで更に発作が酷くなったりしてしまうので、そのような場合はすぐに精神科に行きましょう。

病名がわかるだけでも、その安心感で少しは楽になります。

パニック障害を直す方法は、誰かを頼ること!

パニック障害は死に至ることはない病です。その症状が出たらまず他の病気を心配することが一番ですが、ずっと結果が出ないようなら、パニック障害を疑いましょう。

パニック障害は不安感という要素で体に負担を掛けてしまう恐い病気です。そのため、常日頃からストレスフリーな生活をするように心掛けましょう。

そのためにはあまり人の言うことを真に受けすぎなかったり、日常生活でなにかあったらすぐに友人や会社の同僚に話してみましょう。

必ずあなたに手をさしのべしてくれる人はいるはずです。この病を打ち負かすキーワードは、一人で塞ぎ込まないことです。近くにパニック障害の方がいる方もその手を差し伸べてあげましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ