社会生活を困難にするパニック障害とは何か?発作・予期・恐怖の連鎖について

突然の動悸やめまい、このまま死んでしまうかも、という強い不安や恐怖心に襲われ、時には緊急搬送されることもあるパニック障害。

100人に1人がかかると言われているこのパニック障害とはどういう病気なのでしょうか。その症状についてまとめました。

強い恐怖を伴う突然の動悸・めまい・発汗・痺れはパニック発作の可能性が高い

パニック障害の三大特徴の1つがパニック発作です。いつもと変わらない日常の中で突然起こる身体的精神的症状のことを言います。症状には、動悸・めまい・息切れ・胸の不快感・痺れ・頻脈などがあり、個人によって症状に違いがありますが、共通して起こるのが強い恐怖感と不安です。

このまま死ぬかもしれない…という恐怖で身動きができなくなってしまいます。大事な会議の最中や、友達との楽しい食事会の最中など、予期せぬ場で、突然、強い恐怖を伴う動機などの症状が現れたらパニック発作の可能性が高いです。

重度のときは緊急搬送されることもあります。

本人は苦しんでいるのに病気と診断されないケースも多い

病気と診断されず家に帰されるケースが多いのもパニック障害の特徴の一つです。パニック障害は、パニック発作が起きている間は死ぬほどの恐怖におびえ動悸息切れなどの症状に苦しみますが、発作は大抵10分~1時間で治まります。

発作が起きて病院に行ったものの、病院に着くころには発作が治まってケロッとしている、ということもあります。このため、病院で検査を受けても身体的異常が発見されず家に帰されたり、病気の発見が遅れてしまうのです。

しかし、そうしている間にも、パニック障害はその人の心身をむしばみ続けています。

恐怖の連鎖に陥り泥沼にはまっていく予期不安

予期不安はパニック障害の三大特徴の1つです。パニック発作が起きている間は本人は恐怖感に苛まれて苦しみ悶えている状態です。これが何度も続くとやがて、またパニック発作が起きるかもしれないという不安に四六時中悩まされるようになります。

発作を恐れて、発作が起きたことのある場所を避けたり、発作が起きそうな状況を回避しようとして家に閉じこもりがちになっていきます。

この予期不安はとても厄介なもので、一度すり込まれると、容易にはふり払えません。

外に出ることが怖くなる広場恐怖

パニック障害の三大特徴の最後の1つが広場恐怖です。大勢の人に発作を見られたくないといった恐怖や不安で、人が集まる場所を避けることを広場恐怖といいます。

四六時中予期不安を感じ、広場恐怖で家に閉じこもり、発作が起きる、そしてまた予期不安に苛まれ…とこの繰り返しです。この悪循環によりパニック障害者は正常な社会生活を送れなくなっていき、さらに悪化すると鬱病を併発します。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ