これが原因になる?パニック障害になってしまう4つの背景が!

バニック障害は特殊な人だけの病気ではありません。発作は死を意識するほど辛いものです。まずは、なぜバニック障害になってしまったのかを知ることが大切です。

いくつかの要因が重なることで発症してしまう、脳の病気といいわれているバニック障害ですが、回りの人にパニック障害を理解してもらう上でも、なぜ発作が起きてしまうのか、自分なりに理解しておきましょう。

パニック障害起を起こしやすい性格がある

パニック障害は、もともと持っている性格が大きく影響しているといいわれています。不安感が強かったり、神経質で几帳面な性格の人に多いといわれています。

このことは不安障害の一つとして、パニック障害がとらえられていることからもわかります。

日頃から感じている不安やドキドキ感がエスカレートして、パニック障害のきっかけになってしまうことがあります。こうした性格の人は発症のリスクが高いといえます。

幼少期の辛い体験が根底にある

幼少期に虐待などの辛い体験していると、パニック障害を起こしやすいといわれています。

虐待を受けていると大人の顔色を伺がつて、ビクビクしながら強い緊張感を持って成長してしまうため、自分が大人になってからも、長年感じてきた緊張感や不安感が抜けず、パニック障害を起こしやすくなってしまうことがわかっています。

強いストレスはパニック障害の大きな要因

先進国ではパニック障害の発症率が高いといわれています。その理由は先進国の方がストレス社会だといわれているからです。ストレスはパニック障害の大きな要因です。

ストレスによって不安や緊張感が高まって、発作が起きるのからです。身近な人の死や離婚、大病、仕事や人間関係などの持続するストレスなどは、パニック障害の大きな要因となります。

遺伝的な要因も大きいパニック障害

パニック障害の家族歴がある人は、ない人に比べて4倍から8倍もパニック障害になりやすいというデータも報告されています。パニック障害の原因となる遺伝子が発見されているわけではありませんか、複数の遺伝子が影響しあって発症するとされています。

人種的にもラテン系や南米系の人は、バニック障害を起こしにくいといわれています。これらの人種の人たちは底抜けに明るいという印象があるので、そうした遺伝子が影響しているのかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ