SEKAI NO OWARIのFukaseが患ったパニック障害!どうやって克服したか?

日本のみならず世界中で大活躍している音楽バンドSEKAINOOWARIのボーカルFukaseが患ったパニック障害。彼がパニック障害を克服した方法とは一体どのような手段だったのでしょうか。

パニック障害とは?

パニック障害とは、過度な精神的負担から過呼吸、手の震え、動機、めまい、手足の痺れなど身体の自律神経に障害が出て、酷い時には死ぬんじゃないかと思うくらいの不安や恐怖に襲われる人もいます。

Fukaseはアメリカンスクールへ留学に行ったのですが、環境の変化によるストレスのためかパニック障害を発症し、やむを得ず帰国となりました。

パニック障害は繰り返すこともある

帰国後もFukaseはパニック障害に苦しみ、病院での治療も試みましたが今度は薬の副作用に悩まされて記憶が曖昧になってしまったりとさらに追い込まれ、死を考えるほどの絶望的な状態となりました。

このように、パニック障害とは環境を変えることで直ぐに良くなるものではないのです。また、うつと一緒に併発してしまうのもパニック障害の危険なところでもあります。

Fukaseが克服した方法

SEKAINOOWARIのボーカルFukaseがパニック障害を克服した方法として考えられるのは、ひとつは音楽で発散した点です。

思い通りにならない苦しみや本人にしかわからないストレスを彼は上手く音楽で表現し発散させました。実際に音楽療法というものも存在します。

芸術の良いところは、自分で自分の気持ちを表現して形にできることです。音楽によって徐々に症状を忘れられるようになり、症状が出たとしても気持ちに余裕が持てるようになったと考えられます。

パニック障害は珍しい病気ではない

うつやパニック障害を経験したことのある人は決して珍しくはありません。いつもの通勤電車の中で急にパニック障害を発症してしまう人もいます。

パニック障害を防ぐためには、思い当たるストレスを軽減すること、規則正しい生活を心がけること、上手くストレスを発散させることが望ましいです。

また、一人で悩みを抱えず周りの人に相談し、たまには愚痴を吐き出すことも大切と言えます。誰でもなりえる病気だからこそ、日頃から自分自身への体に注意を払っておく必要があります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ