どうしてパニック障害になったの?治療法はあるのでしょうか

ストレスの多い社会生活でパニック障害は突然発症すると言われます。

近年では芸能人でもyuiさんやIKKOさん長嶋一茂さんも発症していたと話題になり、認知度も上がってきたのではないかと思います。

アメリカでは100人に3人とも言われており、日本も同等なのではないかと言われています。

パニック障害とはどのような病気なのか、症状について見ていきます。

パニック障害はパニック発作から進行していきます

体に機能的な悪いところがないのに、突然の発作、嘔吐、発汗、めまいなどに陥るパニック発作がおこります。発作は1回だけではなく繰り返され、呼吸困難とともに強い不安や恐怖感に襲われます。

手足が震えたり、めまいもあり強い恐怖感に死んでしまうのではないかと思ってしまします。発作が起こると本人にとっては耐え難い恐怖なのです、

パニック障害の原因は解明されていませんが、心的要因かと言われています

パニック障害の原因は未だに解明されていません。しかし、発作が起きる前の状況の統計では、職場の異動、人間関係のトラブル、家族の葛藤なのが認められており、このあたりに要因があるのではないかと考えられています。

環境因子としては、患者に二酸化炭素を吸わせると発作がおこることも認められています。なりやすい人となりにくい人も発見されるようになりました。なりやすい人は女性、若年層、1親等にパニック障害の人がいる人です。

性格的には神経質、心配性、依存的、ストレス解消が苦手などと挙げられているため、やはり心的要因が大きそうです。

パニック障害になってしまったら治療法は2つあります

上記のように、ストレスからの影響が大きいと考えられているため、ならないためにはストレスから身を守ることが必要になります。

日頃の運動やセロトニンを作る食事を摂ることが効果的です。トリプトファンは体内でセロトニンを作るので、豆、ゴマ、ノリ、マグロ、チーズを食べるといいです。もしなってしまったら、治療法は薬物療法と認知療法があります。

薬物両方は抗鬱薬や抗不安薬でパニック発作を抑えます。早めの治療が効果的で発症してから2、3か月で治療を始めるといいです。認知両方は合理的な思考ができるように、またパニックの不安は生命に危機をもたらさないと理解させます。

パニック障害になると本人も家族もつらいですが、軽くしたり治ることもできる病気なので上手に向き合いましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ