パニック障害の方必見!仕事をしていて苦しんでいる方がどうしたらいいかを3つ紹介

パニック障害は最近は理解されつつあります。

もちろん、まだまだパニック障害について理解していない方も多いのが現実です。

ここではパニック障害の方が仕事をしていて苦しんでいる方がどうしたらいいかを紹介いたします。参考にされると幸いです。

メンタル系の病院で仕事のことを相談すること

パニック障害で仕事のことで苦しんでいたらメンタル系の病院の医師にしっかりと相談してください。

もしも医師からドクターストップがかかる場合もありますからドクターストップがかかりましたら、診断書を仕事場にもっていき休んでください。仕事を続行しても大丈夫なら仕事をどうやって続けていくかは医師にしっかりと相談してくださいね。

行動してパニック障害をよくしていく

パニック障害で仕事が続けられるなら、行動することです。医師の判断で仕事続行できるなら、仕事にいくことをしてください。パニック障害の方はパニックになることをおそれています。

パニックになったとしても実はほとんど問題ないことが多いです。仕事に行き続けることをしていけばパニック障害の症状がなくなっていくことが多いです。

仕事先の上司にパニック障害のことを伝える

パニック障害で仕事で苦しんでいましたら、仕事場の上司に相談してください。パニック障害のことを黙って仕事していますと、自分をパニック障害にならないよう、ならないようと思いながら仕事をしますから非常に窮屈になりながら仕事をすることになってしまいます。

仕事をするときにパニック障害のことを伝えますと最近はメンタル系方をしっかりと守って仕事しましょうという世の中の風潮から上司はメンタルの相談をしないといけない義務があります。

上司に相談して自分のパニック障害の病気のことを理解してもらうと仕事をする上で気持ちが楽になって仕事できます。

無理して仕事しないこと

パニック障害になっていたら、仕事場で仕事量や責任をどんどん自分に求められたら、断ることも大事になってきます。

ストレスからパニック障害になってしまうことがありますから、自分ができない仕事を断ることは非常に重要になっていきます。気を付けないといけないのは最低限の仕事はしてくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ