パニック障害はいつまで続くの?誰でもかかる可能性があります

パニック障害は、誰でもおきる可能性があります。

昨日までは、普通に生活していたのに、急に発作がおきる場合がありま。

突然、動悸がおきて、頭の中が真っ白になり、強い不安感がおそってきます。

不安や恐怖が突然とおそってくるので、自分でもどうしたらいいのかわからなくなります。

パニック障害の症状

突然に起こる激しい動悸や、発汗、脈が速くなったり、急に手足のふるえがきて、自分はこのまま死ぬんではないかと強い不安感におそわれます。めまいや、呼吸困難といった症状もあらわれる人もいます。

おもに不安が発作的におこる病気です。めまいや、ふらつき感、自分のからだをコントロールできないという不安感が襲ってきます。

身体的にはどこも異常は、ありません

何か悪い病気ではないかと医師の診断を受けても身体的には、異常はありません。

内科に行っても、わからない場合が多いです。血液検査や、心電図検査では異常はみられません。

パニック障害の原因

パニック障害の発作は、20分から30分でおさまりますが、何回も繰りかえすうちに、また発作の再発の不安で症状が出る場合もあります。

人が多い場所、電車の中でおこりやすいので、人前に出るのがこわくなります。正常な生活ができなくなり、さらに悪化します。脳の中には、脳内神経伝達物質が何種類かあり、外部からの刺激に対してさまざまな働きをします。

パニック障害がおきる原因は、不安を伝えるノルアドレナリンと興奮を抑えるセロトニンのバランスが崩れておきる症状だと考えられています。

パニック障害のきっかけ

パニック障害は、誰もがかかる可能性があります。

昔は、本人の気持ちの持ち方が原因といわれていましたが、実際は脳内の不安に対する神経系の機能異常にかかわっていることがわかりました。脳の部分に通常とは違う変化がおきているということです。

大脳の部分にセロトニン分泌有異常により回避行動がでると考えられます。疲労や、睡眠不足、緊張のしすぎなど、毎日のように精神的に負担がかかりすぎるとパニック障害になりやすいです。

夜、眠れなくなったということが、自分でも一番見つけられる異常のサインです。何か、いつも違うと思ったら、早めに病院の受診をしたがいいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ