パニック障害になると転職するの?パニック障害になっても転職しない3つの方法を紹介!

パニック障害ときくと自分だけがパニック障害に陥っていると勘違いしてしまう人が多いです。

でもパニック障害はだれにでもなる可能性のある病気です。

ここでは、パニック障害の方が転職しなくていい方法を紹介いたします。参考にされると幸いです。

同僚にパニック障害を打ち明けること

パニック障害になって転職を考えているなら同僚にパニック障害のことを伝えることです。働いていて自分が精神的な病気であることを隠して仕事するのはすごく苦痛です。パニック障害であれば発作がでてしまい周りから「おかしい」と思われてしまい、どんどん自分を追い込んでしまい、自分がパニック障害であることを恥ずかしく思ってしまい、仕事に行くのがものすごく苦痛になってしまいます。

しかし、同僚にパニック障害のことを打ち明けるだけで、自分が病気でパニック障害の発作がでたとしても、周りは精神的な病気だから仕方ないと思う方も多いです。

周りを納得させるにはパニック障害の病気の内容を印刷して同僚に配るとパニック障害の症状を理解してくれます。

精神科医との対話が大切

パニック障害になって転職を考えている方はやはり、精神科医との対話を大切にしてください。

なぜ精神科医との対話が大切かは、パニック障害は人によって症状が様々です。突然の激しい動悸どうき、胸苦しさ、息苦しさ、めまいなどを伴う強い不安などがパニック障害の症状でありますが、精神科医はその人にあった治療方法をもちいて、診察をしています。

自分だけで病気の対策を考えないで精神科医としっかりと自分のパニック障害の症状のことを伝え、病気の治療に励むと、仕事に対してどうすればいいかのアドバイスをしてくれます。アドバイスしてくれたことを守ると転職しないですみますよ。

薬物治療をすること

パニック障害になったら薬物治療するといいです。ベンゾジアゼピン系抗不安薬はパニック障害の治療に対し有効であり、ベンゾジアゼピンと抗パニック作用のある抗うつ薬、心理療法のうち、どれを使うかは患者の病歴と体質を元に決めて治療していきます。

イノシトールは、パニック障害者が服用することで、その症状を緩和する作用が報告されており、不安の発生頻度やその程度を、顕著に低下させる効果があるとされています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ