パニック障害の原因は何!原因が分かって対処方法を学ぶ

パニック障害になっている人にとって原因を知りたい人は多いです。

原因がわかれば対処の方法もわかってきます。

ここではパニック障害の原因について紹介いたします。

原因がわかれば対処方法がわかります。参考にされると幸いです。

ストレスでパニック障害になる

パニック障害でが発症する前になんらかのストレスがあったという人は非常に多くみられます。それもうつ病がストレスを耐え抜いてほっとしたときにあらわれやすいのに対して、パニック障害はストレスを受けている最中に発症するという傾向があります。

ストレスがかかると体内のコルチゾールが増加し視床下部。下垂体系にノルアドレナリンが分泌されます。物理的なストレスの場合、ノルアドレナリンは広範囲を刺激しますが時間がたつと、消えていきます。

一方、心理的なストレスは、おもに不安や情動とかかわりが深い視床下部や偏桃体を集中的に刺激して、ストレスがある限りづつきます。ストレスはパニック障害になる原因になりますが、同じようにストレスを受けてもパニック障害にならない人もいます。

ストレスをあまり気にするよりも、うまく解消するためのリラックス法を身につけるようにしてくださいね。

パニック障害になりやすい誘発物質がある

私たちのまわりには、パニック障害を誘発しやすい物質があります。

タバコ・コーヒー・アルコール・薬物(咳止め・経口避妊薬)などには注意が必要になってきます。これらのものを摂取あまり摂取しないようにすることが大事になってきます。

特にタバコとアルコールは自分で制御できますので、パニック障害になっていましたら、少しやめてみることをおすすめします。

生理的・環境的要因でパニック障害になる

睡眠不足・低血糖・疲労・蛍光灯・熱気や湿気、リラクゼーションなどがパニック障害になる原因があります。

ここでは睡眠不足と疲労に関してはコントロールできますので、睡眠不足なら近くの心療内科にいって睡眠薬を飲むことによって睡眠不足を解消できます。睡眠不足が解消されれば疲労も解消されますよ。

睡眠不足になっていると感じたら休むことをしてくださいね。パニック障害に限らずに睡眠不足は他の病気を誘発してしまいます。しっかりと睡眠をとることが大切です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ