パニック障害の症状はどんなの!症状をわかることがパニック障害を対処できる

パニック障害になっている人は最近多いです。
昔はパニック障害になっていても周りに隠していたり、自分の症状がパニック障害だとわからなくて苦しんで生活していましたが、昨今はパニック障害の症状あると病院に通院してしっかりと対処しています。

ここではパニック障害の症状を紹介します。

症状を分かればパニック障害であると分かりますので、その後の対策ができます。参考にされると幸いです。

心臓がどきどきする

よく使われる表現は「動機・息切れ」ですが、実際にパニック発作を体験した人は、ただ「心臓がどきどきする」ようななまやさしいいものではないといいます。心臓が破裂する。

口から飛び出しそうになる。心臓をわしづかみにされるといった激しい言葉で表現されます。このような症状がありましたら、メンタル系の病院に受診してくださいね。

冷や汗・手足や体のふるえ・口がかわく

暑さが原因ではなく、恐怖心や不安感による発作です。冷や汗をかくことで、さらに不吉な感覚がうまれ、恐怖心や不安感が強まります。また手足などの筋肉が収縮し、自分の意志とは関係なくふるえる現象です。

体がけいれんするように、ガクガクと動き出すという人もいますよ。またのどがからからになったり口の内部がザラザラち、あるいはひりひりとして渇く状態で、息苦しさをともなうこともあります。

このような症状があらわれたらパニック障害である可能性がありますので精神系の病院に受診してください。

精神的な症状

パニック障害の症状として精神的な症状があります。強い不安や恐怖のため、気が変になってしまうのではないかと思ったり、人前でとり乱して、とんでもないことをしてしまうのではないかと恐れる状態があります。

他に自分の行動や思考を感じる力が弱まった状態です。「自分が行動しているはずなのに、夢の中のよう」「自分の心や体を、もうひとりの自分が外から眺めている」というような表現で訴えます。

また症状が形を変え「意識がなくなりそうだ」「孤独におそわれる」といった人も多数います。また死んでしまうのではないかという死の恐怖にすごくさいなまれてしまってパニック障害になっている方もいます。

精神的な症状がはっきりと現れたら精神科などの病院に受診しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ