パニック障害を治したい!パニック障害の治療方法を3つ紹介します

パニック障害はしっかりとした治療方法があります。

どうやってパニック障害を治せばいいのかわからない人はたくさんいます。

ここではパニック障害の方の治療方法を紹介します。

是非とも参考にしてくださいね。パニック障害が少しでも改善されれば幸いです。

医療機関をしっかりと選ぶこと

パニック障害になっていると感じたりしたら医療機関をしっかりと選んでください。まずは情報収集からです。

納得のいく病院選びといっても最初は手掛かりがないかもしれません。「保健所」や各都道府県にある「精神保健福祉センター」はその地域の精神医療情報をもっともよく把握しているところです。

精神科をもつ病院やクリニックの得意とする診療分野などを問い合わせることができますので、活用してくださいね。インターネットで検索したり、電話帳で調べるのと一つの方法です。

候補となる医療機関がいくつかみるかったら実際に電話したりメールをだして診察時間などをたずねてみましょう。対応が丁寧かをみることができます。

薬物療法以外の治療もできる医療機関を選ぶこと

パニック障害を回復すに導くためには、薬物療法だけなはなくて認知行動療法も重要な治療方法のひとつになります。認知行動療法とは「現実の受け取り方」や「ものの見方」を認知といいますが、認知に働きかけて、こころのストレスを軽くしていく治療法を認知行動療法といいます。

認知行動療法のカウンセリングをうけることはパニック障害をより早く改善できます。パニック障害に詳しい臨床心理士のいるクリニックや病院を選ぶことは治療をよりスムーズに進めるためにも重要です。

医師選びをしっかりとすること

パニック障害の方にとって医師との相性がものすごく重要になってきます。医師との信頼関係が構築されれば病気をいち早くよくしていきます。

医師とのコミュニケーションをしっかりととれる医師を選んでください。医師を選ぶときはパニック障害について豊富な知識がある医師がいいです。インターネットで医師の情報や口コミが載っていますよ。

また薬があわなかったら薬をこまめにかえてくれる医師がいいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ