これって「パニック障害」?その症状とはどんなもの?

「パニック障害」とは、体のどこかが悪いわけでもないのに、突然息が出来なくなったり、胸がドキドキしたり、苦しくなったりして、パニックに陥ってしまう病気です。

心臓病ではないか?と疑い病院を訪れて、パニック障害と診断される場合があります。

パニック障害は、神経障害の一つで、決して珍しい病気ではありません。100人に1人の割合で、パニック障害で悩まれている方がいらっしゃいます。

では、パニック障害にはどのような症状があるのでしょうか?

突然、激しい発作が襲ってくる(パニック発作)

動悸・息切れ・頻脈・息苦しさ・胸が苦しい・震え・めまいなど、突然襲ってくる発作が大きな特徴です。

  • 心臓がドキドキする
  • 息が苦しくなる、息が苦しく感じる、上手に呼吸できない
  • 胸が痛い、ギュっと掴まれるような感覚、喉から心臓が飛び出しそうな感覚
  • めまいやふらつき
  • 吐き気、お腹を掴まれたような不快感
  • 手足の震え、冷や汗、寒気、ほてり

など。

「このまま死んでしまうのでは?」と思う程の症状が、10分~1時間続きます。

発作が襲ってくるのでは?いつも不安な気持ちになる(予期不安)

以前経験した発作が、また襲ってくるのではないか?と、いつも不安な気持ちで過ごすようになってしまいます。

発作を心配して、乗り物に乗る事が怖くなったり、外出が億劫になったりします。発作が起こった場合、その状況を人に見られてしまう、恥ずかしい、誰にも頼れない、などの気持ちで、外出できなくなる場合もあります。

大勢の人が集まる場所や狭い場所などが怖い(広場恐怖)

公共の交通機関や、トンネル・エレベーター、行列、人の多く集まる場所、渋滞、閉所などでパニックを起こす場合を想定してしまい、それらの場所を避けてしまう症状を、広場恐怖と言います。

また、過去にパニック発作を起こした場所は、また発作が起こるのではないかと恐怖を感じ、避けるようになってしまいます。これらの症状の悪循環は、病気を悪化させてしまい、うつ病などを併発する場合があります。

「パニック障害」では?と感じる事がある場合は、早めに診療内科や精神科を受診しましょう。「パニック障害」は、薬物療法や心理療法で治療できます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ