パニック障害の症状は適切な治療を受けることで和らぐ!

近代100人に2、3人はいると言われているパニック障害患者。パニック障害とはいったいどのような症状を伴った病気なのでしょうか?

気づくまで時間がかかる厄介な病気・パニック障害の症状について詳しく見ていきましょう。

その発作大丈夫?パニック障害で起きる症状とは?

パニック障害の症状で有名なのはパニック発作です。何か得体のしれない不安に襲われているような気がして、発作を繰り返してしまう症状です。広い場所や人が多いところ、閉所などで起こりますが、何の前兆もなくいきなり発症するので、誰かと一緒にいても電車に乗れない事態にまで陥ってしまうようです。

末期症状になると、外に出ると発作が出るという恐怖から、外出もできなくなり、家に引きこもって、ついにうつ病を誘発してしまう可能性が非常に高いので、注意が必要です。

パニック障害の症状は発作だけじゃない!こんな症状にも注意!

一言でパニック発作といっても、その実いろんな症状が現れます。前兆としては突然の激しい動機・胸の苦しさ・息苦しさ・めまいなどを伴う不安に襲われます。その後過換気症候群に襲われ、自分ではどうしようもできない事態に陥ってしまうのがほとんどでしょう。

それは死ぬかと思われるくらいの恐怖に相違ありません。自分で動ける人は、心臓発作なのではないかと病院に駆け込むケースが多いようです。

ただし、病院では何ともないと言われ安定剤を渡されて帰らされるのがほとんどのようですね。

パニック障害の症状。まずどのように対処するのが適切?

まずは内科に行って、体に異常のないことを調べてもらうことが大切です。異常がないことを知ったら、今度は精神内科に行ってみましょう。

患者さん自身が現れた症状を細かく話すことによってお医者様の誤診も防げます。いつも起きてることを包み隠さず話して、正しい診断を受けることが大切です。正しい病名がわかったら、患者さんは結果を受け入れ病気とうまく付き合うように努力することが大切です。周囲の人にも知ってもらって生活など協力してもらいましょう。

パニック症状ってどうやって治すの?

パニック症状は基本薬物治療です。抗不安薬や抗うつ剤などを使うのが一般的。発作がなくなってもしばらくは飲み続けることでその後の誘発を抑えることができるそうです。

もちろんまた症状が復活することもあるようですが、病気とうまく付き合って、焦らず治していくことが大切でしょう。不安が軽くなってきたら、徐々に近距離で電車に乗ってみたりして、状況になれていくことが必要となります。

ちょっとした動機が起きても希死感を抱かないまでになれば通常に暮らしていけるようになります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ