周囲の協力を得ることでパニック障害だって仕事はできるんです!

パニック障害とは、強い不安や緊張によって誘発されるパニック発作が特徴の病気です。もちろん仕事中に症状が現れることもないわけではありません。

もし仕事中にパニック発作が起きたらどうすればいいのか、パニック発作が起こりにくし仕事にはどんなのもがあるのかを調べてみました。

仕事中のパニック障害!どんな状況で起こりやすい?

パニック障害は不安が根底にある病気です。パニック障害を悪化させないためには、自分が安心できる環境にいることが大切。

職場に安住の地を求めるのは間違っているかもしれませんが、周囲に病気を理解してもらうことで、少しは状況の改善になるかもしれません。突発的な仕事が入る(電話対応や来客対応)職場では、どうしてもパニック障害が起こりやすくなるので、そのような仕事からは外してもらうなど、自分と会社側が連携をとって職場での症状の悪化を食い止めることが大切です。

パニック障害の人に合わない仕事って?

何かトラブルがあった時にすぐに対応してくれる人がいない職場では症状が悪化しやすいです。どうしたらいいかわからない状況がパニックを生むんですね。電話対応や来客対応など、突発的な仕事もむいていません。

準備ができてないうちに仕事がくるのでパニック発作が起きやすくなるのです。また会議や打ち合わせが多い仕事もパニック発作になりやすいと言えます。

密室空間と広場恐怖が合わさった会議室は患者さんにとって最も苦手な場所といっても過言ではないからです。

パニック障害の人に向いてる仕事って?

手堅く言えばルーティンワークです。同じ動作を行う仕事なので、前もって準備もでき、滅多に予想外の展開が起きることはありません。

あとは病気の理解者がいてくれる職場ですね。建物内に医務室が併設してあったりする職場なら、いろいろな相談もできるので安心して働けるのではないでしょうか。ラッシュ時の電車が恐怖の原因になることがあるので、フレックスタイムや午後出勤の職場も合っているのではないでしょうか。

仕事を選ぶときは開始時間も念頭に置いて選ぶのもいいかもしれません。

パニック障害の人が仕事していく上で注意したいこと!

つらいと思ったら周囲を頼ることを忘れないことです。自分で解決しようとすればするほど、自分が追い込まれて、パニック症状は悪化していきます。

最悪の場合うつ病の併発にまで至り、まさに『泣きっ面に蜂』状態になりかねません。悪化して仕事ができなくなってしまうと、職場の人に余計迷惑になってしまうこともあります。

つらいと思ったら、職場の人や友達に悩みを聞いてもらうことも頭の片隅に入れといてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ