医師の対応がきっかけで発症してしまった!私のパニック障害について。 女性 38歳 K.K.さん

私は今から5年ほど前に受診した医療機関の医師の対応が原因で心身ともに不安定になり、パニック障害になりました。

これによりこれまで築いてきた人間関係が崩れてしまったり、日常生活を過ごすことができなくなってしまい、家族に迷惑をかけてしまいました。

そして現在もパニック障害の症状は続いていて、専門の医療機関で治療を受けているところです。

あの出来事が原因!パニック障害になったきっかけ

私は毎年1度産婦人科で必ず検診を受けるようにしています。

前年までは他の産婦人科に行っていたのですが、そこの医師がご高齢により廃業してしまったので新たに行った産婦人科で事件が起こりました。結果的に検診には異常はなかったのですが、私の体の状態について気になることがあると言って大騒ぎしていたのです。

しかしながら、そのことで追加で検査をするということもありませんでしたし、大きな病院に紹介することもありませんでした。その後、別の疾患があったので数日間毎日受診したのですが、私の体の状態についていろいろ尋ねても逆ぎれされる状態でどうなっているかわからないまま、そこでの受診は終了しました。

何もできない状態に!パニック障害は恐ろしいです

その産婦人科での受診は終了しましたが、一体私の体で何が起きているかわからずに精神的に不安定になってしまいました。自宅で一人でいて突然、呼吸が荒くなったり、車を運転していて気分が悪くなったり、動悸がしてしまうなどの体調不良がみられるようになってきたのです。

最初は何かしら体に疾患を抱えているに違いないと思って、かかりつけ医を受診したものの、どこにも異常がありませんでした。一応対処療法として薬を処方されていたものの、それでも突然何かしらの体調不良に見舞われてしまい、当時3歳だった子どもの面倒も見られなくなってしまったり、食事を作ることもできなくなりました。

この時はまだ、自分がパニック障害であるということに気づいていませんでした。

このままではいけない!心療内科の受診を決めました

この症状は、長期にわたって続きました。しかし体に特に異常がないのに突然さまざまな体調不良になってしまうのはおかしいと思い、インターネットで同じように呼吸が荒くなったり動悸がしたりするような症状を抱えているような人はいないかと思って検索しました。

するとパニック障害という精神疾患がいちばんあてはまると思い、一刻も早く治療をして日常生活を普通に過ごしたいと思うようになりました。そこで受診しやすそうな女医のいる心療内科に行き、やはりパニック障害と診断されて薬を処方されました。

なかなか治らない!現在の私の症状について

こうしてパニック障害とわかってから5年になろうとしていますが、現在もパニック障害で突然動悸がしたり過呼吸になったりするような症状に悩まされています。もちろん今も心療内科を受診していて、薬を複数処方されています。

ただ一時期のように、パニック障害が原因で育児も家事もできないという状態はほとんどありません。パニック障害は心身の疲れが原因で悪化するとも言われているので、今は必要最低限のことだけをして無理をしないようにして過ごしています。

また家族には長期間にわたって迷惑をかけているうえに、最近はパニック障害で苦しむ私に愛想を尽かしたのか、夫との関係が悪くなりつつあります。なのでいつか症状の改善をすると同時に、夫婦仲もよくできるようにしたいと思っています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ