困った!パニック障害で仕事が出来ない?安心して過ごせる環境を作る事!

パニック障害とは、今まで健康のことを心配をすることなどなく毎日を過ごしていたのに、突然パニック発作に襲われてから、不安な日を過ごし続けてパニック障害になってしまいます。

会社に行きたくても、不安な気持ちが大きくなって会社へも行けなくなる日が長く続くことで会社での立場も悪くなり、会社を辞めた方がいいのかもしれないと考えているそんな方も少なくない現状があります。

そんなパニック障害に罹りながら、仕事を続けるにあたりベストな方法がないものか調べました。

どうしてパニック発作に?大きな不安感や緊張が大きなもと!

パニック障害とは、動悸、息ぐるしさ等のパニック発作が突然起こります。その発作はこのまま死んでしまうのではないかと思うくらいの恐怖に襲われます。数ある原因の中に「ストレス」や「性格」があります。

仕事のストレスとは

現代社会の中で、ストレスを避けることはとても難しいです。職場でのプレッシャーや生活環境の中での不安や緊張等が高まることでパニック発作は起こります。

もちろん親しい人との別離や、災害などの大きなストレス、人間関係からくるストレスが続くなどがある時にもパニック発作が起こりやすくなります。

性格的なこととは

パニック障害の、大きなもとになっているのは「不安」です。ですから、普段から小さなことにも不安を感じやすい心配性の方はパニック障害になりやすいです。

パニック障害でも仕事を続けられる為には?病院での診断です!

パニック発作を繰り返して、病院での検査で理由が無い時には会社での立場を守る為にも一日も早く専門医を受診して今の状況を全て話し、会社に提出する為の診断書を書いて貰いましょう。

そして、状況に合わせた治療方法から仕事についても休んだ方がいいのか、休まなくても通院で治療していくことでの問題は、ないのか等職場での対応についても医師とよく相談しましょう。

まず、診断書です

パニック発作からの一連の状況の中、自分がどのような状況の中にいるのかという事をきちんとした説明書を職場の人に提出する必要があります。

そうすることで、職場での理解を得ることも出来ます。もちろんパニック障害についての理解が完璧に出来ることとは別になりますが、医師からの診断書を提出する事で患者さんの職場での立場は守られることになりますので、提出した方がベストです。精神的にもその方が楽になります。

治療をしっかりとすれば、必ず治る病気です。時期が遅くなるとその分回復も遅くなり会社に戻る時期も遅くなりますので早めに動きましょう。

治療を進めます

会社への診断書を提出した後は、余計な心配はしないで治療に専念しましょう。状況に合わせての治療になり医師の判断で必要なことから始まります。

治療中についても、仕事を休む必要があるか無いかも含めて治療の計画をしっかりとたてて必要な時には休職届けを会社にも提出しましょう。

職場でパニック発作を防ぐ為には?会社での環境づくりです!

職場での人間関係は、家族との関係よりも大変なものです。仕事をスムーズに進めてこなしていく為にも円滑にしていく必要があります。

その為には、まず会社での自分の上司と安心して相談事が出来る人に今の状況を相談しましょう。もちろん、診断書を含めてのことです。

職場での理解が必要です

会社で仕事を順調に進めるためには、上司に同僚や部下に後輩達とのコミニケーションが必要不可欠になります。ただ、残念なことにパニック障害で困っている状態の時には、それらのことに対してきちんとした対応をすることが困難な状態ですからとても大事なことになります。

仕事の環境を相談する

パニック発作が出る原因は不安から来るものです職場での状況や仕事内容で患者さんが不安を感じて発作を起こす可能性があります。

または、発作が起こることを不安に感じて仕事に集中出来ないことや、出社出来ないということになる可能性があるので不安を取り除く為の相談も必要になります。

我がままとか勝手だとか取られない為にも病気のことを少しでも理解してもらう必要があります。患者さん自身の為にもとても大事なことです。

会社へ出社出来た、気をつけること?頑張り過ぎないこと!

治療を進める中、やっと出社することが出来るとご本人は嬉しいやら、今までの分を取り戻さなければと思い、緊張をしながら張り切ってしまいます。

そうすることが、心身に負担を及ぼして発作を再発させる原因もなります。せっかく出社出来たのですから、無理をしないでゆっくりと進みましょう。

周りの人に相談する

久しぶりに会社に来て、状況が変わっていることもあるでしょう。自分のすることについて不明な点もあるでしょう。そんな時には、どんなことでも周りの人に聞いてわからない時にはどうすべきか聞きましょう。ひとりでかかえ込まないことです。

会社での仕事が発作の原因の時は?一番大切なのは治療です!

パニック障害の治療を進める中で、原因が会社の時には仕事を続けることが困難な時もあります。そんな状態がつらい時や、発作が続く時もあります。

状況によっては、医師から「少し、仕事を休んだほうが良いですよ」との指導がある時も来るでしょう。その時には「休職」をとることもひとつの手段です。

休職もひとつの方法です

パニック発作の原因が、会社での仕事になっている時や通勤することが困難になった時や、医師からその様な判断がされた時には、素直に指示に従いましょう。

その時は医師より、必要な診断書が発行されますから安心です。経済的な心配もありますよね、「傷病手当」というものがあります。

会社で相談をして、医師に書いてもらう書類も必要になりますので医師に相談すると良いです。無理に続けて重症化するよりも、ベストな方法です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?パニック障害になった方が仕事を続けられるためにしなければいけない事や職場で気をつけなければいけない事をご紹介させて頂きました。

病院での治療をはじめて、会社へ出社することが出来て安心しても職場でのストレスを全て取り除くことはとても難しいことですよね。

そんな時には、けっして無理をしないで下さい。長い人生の中少しくらい回り道をしても大きな問題ではないのです。気持ちをラクにして一歩ずつ進みましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ