不安を感じ日常生活に支障が出てくる病気!不安障害とは?

メンタルヘルスの健康を維持していくことは日々の生活にとって大事なことですが、心のバランスを崩して不安障害といった病気にかかってしまうこともあります。

不安障害というのはどういったものなのか?といったことについて説明していきます。

不安障害とはどういう病気なのか?

不安障害とは日常の中で様々な不安が募りすぎることによって、日常に支障が出るといたことが起こります。その不安感が自分ではコントロールできないぐらい過度のものになり、不安になる場面を避けるあまり、家にいるまま外出できなくなったり、日常生活がままならなくなることがあります。

不安障害の種類は?

不安障害にはいくつかの分類があり、全般性不安障害、社会不安障害、パニック障害といったものに分けることができます。

  • 全般性不安障害は全てのことを不安に感じてしまい、色々と心のコントロールが難しくなる状態です。悪い方に悪い方に考え、不安を膨らませていきます。
  • 社会不安障害は人と接する上での不安を抱え、過度に緊張するあまりに人と接することが困難になったり、そういった場面を避けてしまうといった症状が出てきます。
  • パニック障害は不安がきっかけとなり、めまい、発汗、呼吸困難などの発作が起こり、死ぬかもしれないというような恐怖を感じるようになります。

不安障害かと思う時にはどうしたら良いの?

自分が不安障害に当てはまるのでは?と感じたり、日常生活の中で生きにくさを感じた場合には、心療内科などに通院をしてしっかりと治療を受けることが一番の解決策になります。

不安障害と診断された場合には、主に内服、カウンセリングという手法によって、不安障害の症状の軽減を目指していきます。病気に対しては早い段階で病院にかかり、適切な治療を受けることによって、症状が改善していくといったことが期待できます。

そのまま放置するのではなく、不安になりやすい性質というものを受け止め、その不安に対して自分がどのように折り合いをつけていくのかという考え方の再構築を目指していきます

不安といったものは日常の中で誰もが感じるものなのですが、それが過度になるからこそ問題が生じるために、不安をうまく軽減していけるような治療をすることで快適な生活ができるようになります。不安障害は治すことができるので、ずっとその状態が続くわけではありません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ