仕事のストレスで不安障害になった!どのように仕事をしていけば良いの?

仕事をする上では仕事の内容、人間関係など様々なことでストレスを受けることがあり、そのことがきっかけになり不安障害を起こしてしまうことが少なくありません。

仕事のストレスから不安障害になってしまった場合には、どのようにして仕事と向き合っていけば良いのでしょうか?

職場の上司に相談をする

不安障害だと思われる症状が出て病院で診断を受けた、仕事に支障が出ているという場合には、上司にそのことについて報告をして相談をすることも大事になってきます。

不安障害になったことを公にすると評価に響く、出世に響くと考えて隠し通したいと思う人もいることでしょうけれども、仕事に支障が出るぐらいの段階になると周りから見ても最近おかしいなということを感じるようになってきます。

不安障害を隠したままで仕事を続けるのはかなり精神的に負担も大きいです。上司が信頼できる人だという場合には、自分の状態を話して、仕事内容や仕事量を調節してもらうこともできます。

異動を希望するといった選択もある

上司に相談をして今までの環境で仕事の負担を減らせるのが一番ですが、上司がストレスの原因となっている場合などはなかなかその環境でいて病状の改善につながらない場合もあります。

そういったケースでは、自分の方から部署異動をすることを申し出るなどして、環境を変えることで改善することがあります。人間関係が原因で不安障害になってしまったケースでは、働く場所が変わり自分を取り巻く人間が変わることによって、病状が良くなることもあります。

休職といった選択をする

不安障害の症状が重い、仕事を続けられる状態ではないといった場合には、医師の診断書をもらった上で、病気の治療期間として休職期間を設けることもできます。

休職期間の間に仕事から距離を置き、自宅でゆっくり病気と向き合うことによって、仕事をそのまま続けるよりも、良い結果につながることもあります。

休職期間には病状を改善させると同時に仕事についても冷静に考える時間を持ち、このままの仕事に復帰しても無理だと思う場合には、退職をするという選択もあります。

ただ退職をして新しく就職することで不安障害が改善されるケースもありますが、しっかりと治らないままで新しい職場に適応していくことはなかなか大変なことではあるので、どうするかということをしっかりと考えた上で結論を出すようにしましょう。

医師、周りの人に相談をして、後悔しない選択をするようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ