不安障害はなぜ起こるの?予防策にはストレスコントロールと遺伝の可能性

仕事が忙しくなったり、環境が変化することで自分の将来に不安を感じる人が増えています。

不安を感じることなら誰でも経験はありますが、その不安が過度のものになれば、たちまち精神バランスは崩れ、不安から様々な疾患を引き起こす場合があります。今回は、不安障害の原因をご紹介いたします。

不安障害が起こる原因とは?

不安障害が起こる理由は、いくつかの精神的な不安要素が過剰に高まりセルフコントロールが不可能なレベルまで到達した時に起こります。

そのようなきっかけとなるのは、ストレス、不安症な性格、環境の変化による社会への不透明感、など普段の生活においても誰でにも身の回りで感じられる不安から不安障害が引き起こされているのです。

不安障害をストレスから感じるケースとは?

ストレスをから不安障害を発症させるケースとして、ストレスによる心の余裕がなくなった時に、人の発言に過敏に反応したり極度に落ち込みやすくなる傾向が出てきます。また、過去に同じようなストレス下に置かれていた時は、過去の記憶と結びつき強いストレスや不安に苛まれる場合があります。

ストレスは自分では感じていないつもりでも、体は正直に反応し体への負担を強めているのです。そして、限界を超えた時に不安障害が発症しさらに体を酷使してしまうことにつながります。

適度なストレス発散を行うように、普段から自分のストレス発散方法を確認しておくことが有効な対策法と言えます。

思春期の頃から発症しやすい理由は?

実は、不安障害というのは、若い男女においても帯やかされる可能性がある病です。

その理由は、思春期の頃は精神状態が成長とともに子供から大人へと考え方やホルモンバランスが変化する時期になり、今まで気にならなかったことが気になったり、周りを強く意識しやすくなる傾向があります。

そのため、神経などの感覚が過敏でありちょっとしたことでイライラしたり、落ち込んだり、悲しくなったりするなど感情の起伏が激しく自分でもコントロールできない時期になります。

そのため、不安障害は早い場合では中学生などでも症状に悩んでいる人が出ています。

遺伝障害は遺伝レベルで引き継がれる場合が有る

不安障害は実は、自分だけでなく親からの影響を受けている場合があります。それは、不安障害に関わる遺伝子が子供に受け継がれてしまう場合が有るからです。

そのため、自分が不安障害になった場合は、個人のせいだけでなくもしすると若い時に親が不安障害に陥っていたい場合もありますので、自分を責めずに自分が生まれた背景を確認してみるのもあなたのためになるかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ