華やかな芸能人でも悩みはある!YUIのパニック障害について

突然の激しい動悸や息苦しさ、発汗、めまいといった症状が出るパニック障害ですが、芸能人の中にもこのパニック障害に苦しむ方がいます。

そのうちの一人として挙げられるのが、歌手のYUIさんです。

彼女がパニック障害を発症する経緯はどういったものだったのでしょうか。

歌手、女優として成功する一方で

YUIさんといえば、あぐらをかいてギターを弾くというスタイルと共感できる歌詞が人気を呼んで瞬く間にシンガーソングライターとして成功しました。また、女優として映画にも出演したりと幅広く活躍されていました。

端から見ると輝かしい芸能生活を送っているように思えますが、その一方で所属事務所との確執があったようです。

事務所の方針に違和感を覚えて

YUIさんの楽曲はテレビドラマやCMとタイアップしていたものが多く、その方が知名度も上がるし宣伝効果もあるので事務所としてはそれが良かったのでしょう。

でもYUIさんとしては、タイアップしていることで相手側の要望に沿った曲作りをしなくてはならず、自分の作りたい曲を思うように作れないという苦しさを持っていました。

ミュージシャンなら誰にでもある悩み事とも言えますが、YUIさんは本当にタイアップしていることが多かったので、苦しみも相当大きなものだったのでしょう。

後に『限界がきたなって感じだった』と告白した2回目の活動休止を経て、『FLOWERFLOWER』というバンドを組みそのボーカルyuiとして活動再開しました。『コーヒー』という楽曲の歌詞には”歌くらい自由に歌わせてくれよ“とあり、事務所との確執があったことを想像させられます。

パニック障害を告白して

そんなyuiさんに体調不良が続いた時期があり、その頃に病院へ救急搬送されたことがありました。その理由はパニック障害の症状を抑えるための精神安定剤とアルコールを併用してしまったためでした。

その後、公式コメントでパニック障害であることを告白してゆっくりと治療していくことを表明されました。

yuiさんがパニック障害なった原因は本人にしかわかりませんが、正直に告白して前向きに頑張っている姿を見ることでとても元気づけられます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ