不安障害でも仕事がしたい!働く方法はきちんとあります!

不安障害とは、まだ起きていないことについて異様に不安を感じてしまう症状のある精神障害の一種です。

時には不安を感じるあまり仕事や学業や家事や育児など日常生活で行うようなことができなくなってしまうこともしばしばです。

特に不安障害によって外で仕事ができなくなるということもありますが、場合によっては不安障害でも問題なくできる仕事はあります。

最大の特徴!不安障害は人と接したくないのです

不安障害の患者の特徴としては、異様に不安を感じる以外にもさまざまなものがありますが、特に他人と接することが苦手な傾向にあります。

これは他人と接することで、何か不安に感じる材料が生じてくるということを考えてしまうためです。そのため不安障害の症状が悪化すると、外に出て働くということができなくなってしまい、働いている人は休職したり最悪の場合は退職しなければならないほど症状が悪化してしまうことがあります。

意外と多い!不安障害でもできる仕事について

仕事は基本外に出て誰かしらと合わないとできないものだと思われがちです。しかし現在世の中には、数えきれないほどの仕事の数があります。

中には外には出ずに、自宅で基本他の人と会わずにできる仕事も少なからずあります。その例としては、内職など昔からよくある自宅でできる軽作業であったり、最近ではインターネットを通じてクラウドソーシングを行うことで仕事をすることが可能です。

これらの中には、仕事をすることで年収が数百万円を超えるなど外で働くのと変わらないくらいの収入を得ることも可能であり、不安障害ながらも生活を安定させるくらいの経済力を持つことは可能です。

状況は一変!最近の不安障害患者の就業について

またここ数年は、不安障害の患者だけでなくうつ病といった精神障害全般の患者に対して1人でも多くの人が仕事に就いてもらい、経済的に自立してもらおうとする取り組みが行われるようになりました。

民間企業では障害者をより多く雇用することで、さまざまな助成金を国から受け取ったりすることができるようなシステムがあり、精神障害の患者を積極的に雇用していることも多いです。

よって不安障害の患者も障害者枠で採用される可能性は高く、その場合はそれなりの配慮をしてもらえることも多いので、外でも勤務しやすくなります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ