仕事のストレスから不安障害に!どのように対処したら良いの?

仕事に対して使うエネルギーは誰にとっても少なくないですし、仕事上のストレスで不安障害を患ってしまったという人もいます。

そういった人は仕事についてどのように向き合い、今度どのように仕事をしていけば良いのでしょうか?

仕事以外のことに生きがいを見出す

仕事のストレスで不安障害になってしまった場合、仕事以外の場でストレスを解消していくことが何よりの解決策になります。

何か趣味があるのであればそれに打ち込んでみるのも良いですし、今までは仕事に楽しみを見出していたけれども、それをシフトチェンジして家庭に向けるということも良いです。

仕事でストレス過多になって不安障害になってしまった場合は、自分の気持ちを一旦仕事から切り離して、仕事以外の生活の部分で何か楽しめることはないか気分転換になることはないかを探してみましょう。

直属の上司に相談をする

仕事のストレスが不安障害につながる程大きなものであれば、まず自分に対してそれだけのストレスがかかっているということを上司に相談してみてください。今の仕事内容、量でやっていくことがしんどいという相談をすることで、理解のある上司であれば仕事を調整したりして、ストレスが軽減するように配慮してくれます。

もしも理解のない上司であれば、異動をして別の場所でやってみるという選択もあります。真面目な人は不安障害になっても、今まで通りの仕事をこなしていきたい、周りに自分の状態を隠したいと思う気持ちを感じることがあります。

しかし、そうした気持ちでいると、ますます負担がかかり不安障害が悪化して、うつ病を併発するなどの可能性もあります。不安障害の時には無理をしてはいけません。

しばらくの間休職をする

不安障害を抱えて仕事をしていくのがしんどい、このままではつぶれそうと思った時には、医師に診断書をもらって病気と向き合っていく時間を作ることもできます。

1か月~3か月程度休職をして、しっかりと治療を受けて自分の気持ちをある程度立て直してから、仕事に復帰するということもできます。復職してからもいきなり以前のペースに取り戻すのではなく、徐々にストレスがかからない範囲で取り組みながら調整していくようにします。

仕事を辞めて転職をする

働いている会社の待遇が悪い、ブラック企業と呼ばれるような労働環境にあり、ストレスが溜まっていると感じるのであれば、仕事を辞めて他の職場に転職をするということも解決策としてはあります

ただ不安障害の時に転職活動をしたり、新しい会社になじんでいくためにも、相当のエネルギーがいるので、そういったところを考えても転職したいかどうかという自分の意思をしっかりと固めてから、決断するようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ