不安障害にかかった場合!治し方にはどういったものがあるの?

不安障害にかかった時に気になるのは、どうやって改善していけば良いのかという治し方だと思います。

辛い症状がいつまでつづくのか、何とかこれを克服したいという気持ちになるでしょう。

不安障害の治し方とはどういったものがあるのでしょうか?

内服薬により治療をする

不安障害を治すための一つの方法として、心療内科に通院して内服薬を処方してもらうということが有効です。抗不安薬や睡眠薬、場合によっては抗うつ薬が処方されます。

これらは不安を全て消すという効果があるというわけではないのですが、今感じている不安を軽減させるということが期待できそれによって日常生活が送りやすい状態を作り出すことができます。

薬はこれが効くといったものには個人差があるので、あまり効果がないなと思った場合には、薬を変更してもらうなどして自分に合った薬を見つけるという過程も必要になってきます。

カウンセリングを受ける

不安障害を治す上で服薬とともに大事だと言われているのが、カウンセリングを受けることです。不安障害になった人はストレスを受けた時に過剰に反応しやすい考え方をしている傾向にあります。

生きていく上で不安を全くなくすことはできないので、大事なのはどう向き合って、どう考えていくかということです。考え方を修正していく上で大事なのは、自分の意見だけではなく、カウンセラーのアドバイスを受けながら考え方を修正していく新しい考え方を獲得していくということです。

自分の話をしていることで、客観的に問題を見つめ直し、少しづつ考え方を変化していくことも期待できます。

ゆっくりと休養をする

不安障害になった時に有効な治療法としてストレスを軽減させる生活をする、ゆっくりと休養するということは大事になります。

人間は睡眠時間が不足をするとストレスを受けやすくなりますし、睡眠時間をたっぷりととるということが重要なのです。また今まで通りの量の仕事や家事をこなそうと思わずに、完璧を求めずにやっていくということも大事です。

無理をして頑張ることで病気の症状が悪化してしまうので、完璧を求めない、少しぐらい手を抜いてゆるくやっていくということが重要になってきます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ