様々な面からアプローチして症状を乗りこえよう!不安障害の克服法!

不安障害は、不安や心配事に悩んだり症状が現れて日常生活に支障をきたし始めます。

自分だけが不安で周りの誰にも理解してもらえない状態は辛いものです。

家族や周囲に相談してサポートしてもらい、病院できちんと治療していくことが必要です。

どのようにしてこの病気を克服していけばよいのでしょうか。

1人で悩まないで!通院して治療

不安な症状を1人で抱え込まず、おかしいと思ったら専門の病院へ受診しましょう。

病院では、薬物療法と精神療法をあわせて行います。薬物療法では、抗うつ剤や抗不安剤を処方してもらい精神を安定させてあげます。それとともに、カウンセリングを行い精神療法を始めます。

不安に感じている原因を探しだし、物事をプラス思考で考える練習をしていきます。不安障害は自然に完治する病気ではありません。必ず病院で治療を行うことが必要となります。

軽度の場合には通院治療になりますが、症状が重度の場合には入院することもあるでしょう。

日常できる克服法!生活習慣の見直し

不安障害を克服するためには、まずは生活習慣の見直しをしましょう。不安で夜に眠れなくなると睡眠不足になり、不安障害が悪化してしまう場合があります。

まずは、朝は起きたら窓を開けてお日様の光を浴びましょう。暗い部屋に閉じこもっていては、考え方も暗い方向へ進んでしまいがちです。日光に当たる時間を多くしていくことで、体内時計が正常になり規則正し生活を取り戻す第一歩になります。

気分のいい日には、外を散歩するのも良いでしょう。運動することで脳内物質が正常に分泌してくれます。散歩などの外出ができない場合には、自宅でストレッチをするのも良いでしょう。

趣味や好きな事を見つけて!自分なりのリラックス法

不安障害の場合、上手く自分でリラックスすることがでず心に大きなストレスを抱えています。何か自分が夢中になれる趣味や音楽、スポーツなどの好きな事を見つけてみてください。

好きなことに没頭している時は、不安な気持ちを感じなくなるでしょう。まだ何も夢中になれることが見つけられないという時には、絵を描いてみるのも良いでしょう。外出することができればスケッチしに出掛けたり、外出が無理なら家で自由に描いてもいいです。

自分を表現することでストレスが緩和されリラックスすることができます。絵を描くことに没頭できれば不安から解放されるでしょう。自分なりのリラックスしたり不安を克服する方法を見つけ出してください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ