電車に乗れない不安障害は治るの?不安は抱えたまま気を反らして! 男性 45歳 T.M.さん

小さい時から乗り物が好きだったのですが特に電車が好きで時間があれば写真を撮りに行く程の鉄道ファンでした。

今までに電車に乗っていて酔った経験もありませんし気分が悪くなった経験もありません。

ところがある日の出来事をきっかけに電車が嫌いになってしまい乗れなくなってしまいました。

仕事でストレスを抱えていた事により精神的に安定しない日々が始まりました

大学を卒業後、就職活動を経て社会人になる事が出来たのですが、新入社員は覚えなくてはならないことが多くありますし、常に緊張をしながら会社に馴染む為に日々努力をする日々が続きました。

体は疲れていたのですが若さだけでがんばっていましたし、気合だけで乗り切っていた時期もあるほどでした。時折変な動悸も起こるようになって行ったのですが、この辺りからストレスを抱えてしまっており後の不安障害に繋がって行きました。

電車の中で気分が悪くなった事から人生が変わってしまいました

晴れて社会人なる事が出来たのですが入社をして一年が経過をした23歳の頃でした。出勤の為に家を出て時刻通りに列車に乗る事になったのですが、電車の中で変な動悸に襲われてしまい呼吸の乱れが始まってしまったのです。

脈拍が異常に早くなるのが感じられ苦しくなってきたのですが、次第に目の前が真っ白になって来ましたので異常を感じて次の駅で下車をしてしまいました。しばらく駅のベンチで休んでいたのですが、落ち着くどころか更に状態が悪くなってしまい立て無くなってしまったのです。

今まで感じたことが無い激しい動悸の為に恐怖もありましたし死んでしまうと思いました。完全に立てなくなっている所を駅員に発見をされて医務室まで運ばれたのですが、駅員さんの親切な対応によりしばらく横になっている事を薦められました。

2時間くらい横になったところで落ち着きを取り戻したのですが、出勤が出来る状態ではありませんでしたので会社に連絡を入れて休ませて貰う事にしました。

見ただけで電車が怖くなり乗れなくなってしまいました

電車で気分が悪くなってしまったのですが、翌日には出勤をする為に同じ経路で駅に向かう事にしました。

昨日と同じ様に電車に乗り込むと昨日の悪夢が蘇ってしまい、緊張感の為か同じ様な動悸の症状に襲われてしまいました。また先日の様になってしまったらどうしよう、と恐怖心が訪れるようになってしまったのです。

なんとか会社に着く事が出来たのですが、その日を境に不安感が強く増してしまい、やがて電車に乗ることを避けてバイク通勤に切り替えてしまいました。

自律神経失調症と診断をされ薬を処方されましたが効果は微妙です

仕事も忙しい日々が続きましたし、電車に乗れないと言う障害を持ってしまったおかげで自信を喪失してしまい、さらにストレスが増してしまいました。

このままではいけないと思い医者に赴いて症状を説明した所、ストレスから来る自律神経失調症だと診断をされました。普段から仕事に対するストレスも感じていた為に緊張感が増してしまい、バランスが悪くなっていると言われました。

精神安定剤を処方されて服用をする事になりましたが効果は微妙でしたし、劇的に改善をされる事はありませんでしたので飲むのを止めてしまいました。

森田療法に出会い、症状が劇的に変化をしました

症状は日を追う毎に増して行きますし、どうやって生きて行こうか不安を抱えながら生活をする日々が続きました。

医者には大きく気を持ちなさい、と誰でも言えるような助言しか頂けませんし、解決法を見つける事が出来ませんでした。そんな時に出会ったのが森田療法の本だったのですが、克服の為の方法が症例を例に書かれている物でした。

考えてしまう事で緊張感が増してしまい、逃げられないと分かった時に体が緊張感を保てなくなり症例に現れるという事でした。今ある現状を素直に受け止めて逃げるのではなく、ありのままに過ごす事が大事なのです。

目的地の事を考えるようにしたり別の事を考えるようにした所、知らない間に忘れている事があり、気が付くと電車への恐怖が無くなっていきました。

辛い7年間でしたが今では当時の事を懐かしく思う余裕が出てきました

電車に乗れなくなってしまった事から始まり、立ち眩み等の自律神経失調症の症状も出てきたのですが、これからの人生どうなるのかと思いました。

しかし不安は誰でも持っている物で何かしらの症状を必ず持っていると思うのです。高い所にいけない高所恐怖症、狭い所に入れない閉所恐怖症、暗いところにいけない暗所恐怖症、どれだけしっかりしてそうな人でも苦手な物があると思います。

私は電車に乗れないと言う恐怖症でしたが、たまたま気分が悪くなってしまった事が原因でした。電車が好きだった青年が生まれて初めて電車内で気分が悪くなってしまった事も災いをしてショックだったのです。

不安障害は今ある現状を理解しながら決して取り除こうと思わないようする事が大事ですし、気を反らすように努力する事で克服が出来ると思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ